CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
プライバシーポリシー
スポンサーリンク
MOBILE
qrcode
なんかめっちゃおしゃれ風な野菜炒めできてしまった
0

    JUGEMテーマ:おうちごはん

    この間帰省したときに、友達からお土産というか、おいしいらしいともらったパクチーペッパー。

     

    大分の川津食品というところので、以前ももらった粒柚子胡椒が絶品だったので

    楽しみにして待ってました。

    2017-08-17-18-57-11.jpg

    ▲パクチーペッパー&柚子胡椒

     

    柚子胡椒って、お鍋の時にちょっとつけるくらいしか使ったことがないので、

    1人暮らしやと絶対冷蔵庫の中でカピカピにしてまう案件やんと思っていたら、

    これがなんでも合う。

    というか、食欲のない夏にこそ柚子胡椒。

     

    そうめんの薬味に。

    山形だしにいれる。

    煮物に入れる。

    鶏ハムの味付けに。

     

    ほぼ1瓶使いきる勢いだったので、補充してもらいました。

    (冬まで持つんかな…)

     

    そして嬉々としてパクチーペッパーをもらったのだけれど、

    いまいち使い道がわからず。

    ピッツアとかにかければよいのかしら。

     

    とりあえずクックパッドプロフェッサーにお尋ねしましたが、

    あいにくメジャー商品ではないため、ヒットならず。

    なんか両方ともすんません。

     

    でもコリアンダーペーストとかを使ったレシピを参考ににして、

    さらにお家にあったアニキ食材たちを集結してできたのが、

     

    2017-08-17-19-25-50.jpg

    ▲パクチーペッパーとココナッツミルクのジャーマンポテト風

     

    ・じゃがいもを一口大に切って、レンジでチン(小ぶり5個)

    ・ガーリック(私は乾燥ガーリックパウダー)をオイルで炒める。

    ・玉ねぎ(中1個)とソーセージを炒めて、あとでざく切りキャベツも加えて炒める。

    ・塩コショウ少々と、みりんを1回ししていれる

    ・ココナッツミルクパウダーを大さじ1くらい入れる。

    ・パクチーペッパーを好みにふってよく混ぜる。

     

    辛いのがちょっと苦手なので、パクチーペッパーをびびってそんなにかけなかったのですが、

    そこまで辛くなかったので、後がけしてみました。

     

    ほのかなパクチーと、ココナッツミルク風味でめっちゃエスニックになりました。

    うますぎ。

     

    明日のお弁当になる予定なんで、写真だけ撮って、一口食べて、

    タッパーにインしました。

     

     

     

     

     

    | グルメ・クッキング | 22:16 | comments(0) | - |
    料理ビギナーがここまできた。混ぜるだけ桃の冷製パスタ
    0

      JUGEMテーマ:おうちごはん

       

      実家を出る33歳まで、

      ほぼ自分でご飯らしいご飯を作ったことがなく、

      自ら包丁を手にしようと思ったことすらないので、

      もちろん包丁はうまく使えず、

      (この数年後小さいカフェで働くのだけど、

      その時まで素材によって押し切り、引き切りがあるなんて夢にも思わなかった)

      千切りとか細切りの手順とかいまいちよくわからず、(いまだ苦手)

       

      果物は皮がむかれ、一口大に切られた状態のものを目の前に持ってきてくれて

      初めて食べてやろうくらいのマインド

      (そもそも自分から出向いて食べるほど果物が好きじゃない)

      で過ごしてきました。

      何度も言うが、33年間。

       

      人間界を20ターンくらい繰り返し、悟りの境地にいる人が、

      人間最後の修行として、表現をしてくれるのであれば

      箱入り娘。

      大多数の、赤信号では止まるというまともな判断ができるような人たちからすれば、

      イタい

      ヤバい

      見てはいけない

      むしろ自分には関係ない

      というジャッジメントなんだろうか。

       

      さすがの親も、これではいかんと思ってくれたようで

      33歳の誕生日にそっと私の肩をたたき

      「そろそろ家出たら?」

      と家庭内リストラにあったのも数年前のこと。

      いや、ほんと一般的には

      「どんだけ甘やかされててん」

      て言われるくらい遅すぎかもしれませんが、感謝してます。

       

      なにごとも遅すぎなんてことはないんです。

      数年後には、家でちゃちゃっと桃の冷製パスタなんぞ作ってるんだから、

      死んだじいちゃんばあちゃんが見たら、

      たぶん生き返るんじゃなかろうか。

      (やはり完全に甘やかされてたと自覚)

       

      ■火を使わず桃の冷製パスタ

       

      混ぜるだけの桃の冷製パスタ

       

      近所の八百屋さんに寄ると、ワケあり桃が3個100円で売られてました。

      ワケは「あたって色が変わっていて、すぐに食べないといけないから」

      しかし小さめだけど甘くておいしいらしい。

       

      横にはきれいな桃が2個300円で売られてた。

      桃の相場なんてわかんないけど、私ならスルー。

       

      100円の桃なら手を加えて失敗してもそんなに惜しくないわと

      (そのまま食べるという思考はなし。なぜなら好きじゃないから)

      レモンとともにゲット。

       

      ちょっとあたって艶っぽくなってます。桃。

       

      冷製パスタにすること決定。

       

      家に帰ってすぐに下ごしらえ。

       

      文明の利器、火を使いません。暑いので。

      唯一の火の使いどころ、パスタ茹では、

      100均のレンジで茹でられる便利グッズ使います。

      *ボウルに皮をむいた桃を半分細かく刻み、半分は細いくし切りにしたものを入れる(量はもう好きなだけ)

       

      *レモン半分の果汁を絞る。(実もほぐして入れるといい感じ)

       

      *塩少々、ブラックペッパーはわりとたっぷり(うちのはピングとブラックミックスのやつ)

       

      *ガーリックパウダーひと振り(あってもなくても)

       

      *混ぜてボウルごと冷蔵庫で冷やす

       

      レンジでゆでられる100均グッズに、パスタと塩をしっかり入れお水から、時間より長めにチン。

      (カッペリーニがベストなのは言わずもがな。けれどあまりこだわりなしのため、私は普通のパスタ)

       

      ・ゆであがったら、パスタは冷水でしっかりと冷やす。

       

      ・冷やしたパスタを、のボウルに投入して混ぜる。

       

      ・お皿にきれいに盛り付けて、追いペッパーをお好みで

       

      桃だけでもいいのだけれど、生ハムとか、

      私の大好きな鶏ハムとか乗っけると塩味がきいてこれまたいい。

       

      あー、おいしい。天才かもしれない。

       

      ワインとかに合うんやろうな。きっと。

       

      私は麦茶で食べますよって。

      | グルメ・クッキング | 20:09 | comments(0) | - |
      | 1/1PAGES |