CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
プライバシーポリシー
スポンサーリンク
MOBILE
qrcode
東京観光と好きな人たちとのエトセトラ
0

    仕事の研修で行った東京。
    前後は休みをもらってたので、みっちりと予定を入れて
    会える人には会って、ひたすら食べてしゃべり倒すが目的。

     

    観光気分なので、着いたらすぐにギンザシックスに足を踏み入れてみましたよ。

     

    何があるってわけじゃないし、よく見かけるテナントが多いのだけど
    何だろう、そこはかとなく感じる隙のない洗練感。

    そう、人がね、みんなきれい。
    店員さんが男女ともにきれい。

     

    親しみなんて微塵も感じないくらいの隙のなさ。

     

    全く用事はないけれども、そんな人や物を見ているだけで
    自分もそんな美しさを身にまとってる気がしてくるから不思議。

     

    ギンザシックスでランチでもしようかと、ぐるりとお店を見て回ったけど、
    カフェですら下手したら3,000円くらいしそうな、
    下手したら30分後に米を食べたくなるようなお店ばっかりで、
    お茶だけにしとこうかなと思っているところに、
    カレーのお店。

    リーズナブルだったのでそこに決定。

     

    が、しかし…

    私のカメラテクがいまいちなのはさておき、

    これさ、私のテーブルに持ってくる前に誰か半分食べてるよね。

     

    これじゃあ、「ギンザシックスでランチはーと

    とかってinstagramにのっけられるわけないやん?

     

    とりあえずギンザシックスの雰囲気のショバ代を払ったのと思って後にしました。

    …ほんま、家賃なんぼやねんやろ。

     

    その後3日間の滞在で

    荻窪で焼肉

    中目黒で超リーズナブルな立ち飲み

    渋谷でそば

    自由が丘でイケメン餃子

    茅ケ崎でリア充風BBQ

     

    関西にはにいるとうどん勢力が強すぎるのと、

    うどんが好きすぎて蕎麦の必要性を感じたことがなかったんだけど、

    東京は蕎麦屋さんが多くてすっかりと蕎麦も好きになりました。

     

    どうしても蕎麦が食べたいというリクエストをかなえてもらうべく、

    元シェアメイトの師匠がいろいろチョイスしてくれたのですが、

    ことごとく満席。

     

    もうこうなったら意地でも蕎麦を食う。と狙いを定め

    ようやく見つけたのが渋谷から青山学院の方へ行ったところにある、

    蕎麦&居酒屋さん「凛」

     

    ここが思わぬ大ヒット。

    酒飲みの元シェアハウスメイトの師匠も大絶賛で

    お酒も飲まずにひとまずせいろを2枚平らげてました。

    しかも嬉々として塩だけで。

    楽しそう…

    店員さんがもう、一周まわって笑えるくらい不愛想な女の子だったのだけど、

    それもスパイスかと思えるくらいおいしかったっす。

     

    その後の自由が丘でのイケメン餃子もジューシーでうまかたった。

    (餃子終了後)

    img1502942456436.jpg

     

    この時点で午前3時。

    次の日の茅ケ崎BBQ起きれるんだろうか…と懸念していましたが、

    まあ起きられるわけもなく、10時起床。

    それでもよく起きれたもんだわ。

    そしてBBQとしてはあるまじき行為、

    昼過ぎに合流。

     

    ついたらみんな泥酔。

    そして食料が尽きていました。

    そらそうだわ。

     

    しかし

    丸鶏のダッチオーブン焼きにはありつけた。

    うまい。

     

    茅ケ崎、おしゃれな雰囲気がいいね。

    なかなか遠かったけど。

     

    たまに行く東京はやっぱり好きです。

    好きな人がいっぱい。

     

    もう住んでた時のことはすでに忘れつつあるみたいで、

    あれだけ乗ってたバスの乗り方も忘れて、

    「東京のバスは全部先払いなん忘れたんか」とバカにされ、

    関西のICカード、PITAPAが使えるということも忘れてたよ。

     

    また行こ。

    それかまた住も。

     

    | 旅行・地域 | 11:10 | comments(0) | - |
    街も人も洗練されてる金沢(名古屋→金沢 ソロバスの旅  2日目最終日)
    0

      JUGEMテーマ:楽しい旅行★Happy Traveler

      ■ようやく海鮮丼にありついた(写真なし)
      金沢海みらい図書館を後にして、ランチはようやく海鮮丼。

      前日の夜に訪れた「近江町食堂」がある近江町市場に向かいます。


      この日は木曜だったのですが、
      前の日の水曜は定休日のお店がほとんどでひっそりしてたのですが、
      市場らしくにぎわってます。

       

      本格的なお寿司はむりなので、お手頃な回転ずし的なとこにお邪魔しました。
      といってもチェーンなとこではなく、お昼の混雑時以外は
      レーンは回っておらず、普通に握ってくれました。
      のどぐろ、甘えび、そして海鮮丼。

       

      のどぐろは初めて食べたんですが、あまりにおなかがすいていたので
      ドリンクのごとくのどを滑り降りていきました。

      さらに安定の食いしん坊で、肝心の写真を撮ることなくごちそうさま。
      うまかった。


      ■西茶屋で高級チョコソフト

      ランチの写真を撮らなかった反省を踏まえ、

      ちゃんと金沢っぽいところの写真を撮ろうと思い、西茶屋散歩。

      あーー、小京都っぽい。

      めちゃくちゃ暑くてすぐにお土産物色のために、この角の甘納豆屋さんに入りました。

       

      お土産買っても暑さは変わらず、50メートルくらいですぐに休憩。

       

      カカオサンパカ

      http://www.cacaosampaka.jp/shop/shop15_kanazawa.html

       

      一応イートインスペースが2階にあったのだけど、

      ソフトだけだとイートインスペースは利用できないのと、

      イートインメニューがなかなか強気なお値段だったので木陰で涼みます。

      濃厚で高級チョコっぽくておいしかった。

       

      ■金沢駅構内でお土産散財

      あとは帰るだけなので、金沢駅で父親に頼まれていた

      高木屋の紙風船。

      最中にカラフルゼリーが入っててかわいらしい。

      あとは加賀麩のお吸い物とかお味噌汁のやつとか、

      地酒とか物色して帰途につきました。

       

      ■金沢は洗練されておしゃれ

      北陸新幹線が通ってまだ少ししかたっていないので、

      宿泊施設も新しいところが増えてるのと、

      観光施設のトイレがきれい。

      これほんと重要。

       

      あと街中が洗練されてる印象。

      ごてごてしてなくて、フォントが統一されてるって感じ。

      (よくわからんけど)

       

      それが人にも現れているのか、美人が多い。

      ショートカットが似合う美人っていうのは本当の美人だと思っているので、

      (完全に独断と偏見と好みの問題)

      金沢は私が言わなくとも、行ったほうがいい。

       

      金沢旅

      金沢旅

      | 旅行・地域 | 21:03 | comments(0) | - |
      金沢城ってどこにあるのか?(名古屋→金沢◆.愁蹈丱垢領  1日目〜2日目)
      0

        JUGEMテーマ:楽しい旅行★Happy Traveler

         

        ■金沢といえば兼六園っていう

        観光地って、ちょっと点在してて弾丸だと結局1か所しか行けなかったり、

        地元の人たちがいくような繁華街からは離れてるイメージだったのですが、

        兼六園や金沢21世紀美術館、金沢城がびっくりするくらい近くて、

        キュッとまとまってました。

         

        チャリがあればもっと楽にくるっと周れるんやけどなぁ。

        (…と、後で知ったのだけど、レンタサイクルがあったよう。

        「まちのり」http://www.machi-nori.jp/

        専用の駐輪所で借りたり返したりできる便利なやつでした。

        リサーチ不足…。

        人生と同じく行き当たりばったり…。)

         

        美術館を存分に堪能して休憩もしたし、

        ちょうど曇ってきて暑さも和らいだ気がしたので、

        兼六園へGO。

         

        日本三名園と聞きましてね。

        …広大な日本庭園、きれいに手入れされていてます。

        しかし本当になにをどう見ていいのか、どこが見どころでハイライトなのかわからず、

        あともう天気が今にも崩れそうなのが気になってしまい、

        ぼんやりとした写真しか撮れてません。

         

        このあとすぐに雨がぽつぽつと降り始め、足早に庭園を駆け抜けましたが、

        雨宿りできそうなところもなく、

        いよいよ雨が本格的になってきてしまったので、お土産屋さんの軒先をお借りしました。

        (傘とか雨具は持ち歩かないフランス人スタイル)

         

        ■近江町食堂でちゃんとしたごはん

        せっかくの兼六園だったのに滞在時間30分ほど。

        やっぱり準備は大事。

         

        ようやく本気でおなかがすいてきたので、まだ18時にもなっていないけどごはん。

        おなかすいてきたとはいえ、ここでまた調子乗って海鮮丼とか食べて

        明日一日棒に振るのは嫌だったので考えた挙句

         

        近江町市場の中にある、

        「近江町食堂」

        http://ohmichosyokudo.amsstudio.jp/

        海鮮丼を食べたいのはやまやまだったのだけど、手堅く煮魚定食で落ち着きました。

         

        あと白エビクリームコロッケとか頼んで、超絶うまかったのだけど…

        おなかすきすぎると、来たものはすぐに箸をつけてしまうので、

        写真がありません。

        だからインスタグラマーになれないんだよ。

         

        ■こんなシェアホテルならまたいきたい

        前もって予約していた宿は、

        「THE SHARE HOTELS HATCHi 金沢」

        https://www.thesharehotels.com/hatchi/

         

        一回はカフェになってて、普通におしゃれ。

        金沢おしゃれだわ。

        美人も多いし(唐突)

         

        部屋は2段ベッドのドミトリー。

        ここは女性専用フロア。

        平日だったから、そんなに多くは泊まっていなかったよう。

        海外からの観光の人が多いみたいで、話声は英語。

        日本人もいたけど一人旅だからか、しゃべってなかった模様。

         

        朝ごはんもおしゃれ

         

        共同洗面所のライトは、九谷焼らしい。

         

        こんなゲストハウスならまた泊まりたいし、それ目的で行きたいくらい。

        これでまたソロ活動の幅が広がります。

         

        ■どこにあるのか金沢城

        こちらも広い金沢城公園。

        周りをぶらぶら、蔵とか見学してみるも、肝心の天守閣は…

        と思っていたら、これまたリサーチ不足だったのですが、

        天守閣は焼失してから再建されていないらしい。

         

        めちゃくちゃ探したよ。

        天守閣を見過ごすとかある??

        大阪城も名古屋城もあれだけドヤ顔でそびえたってるけど、

        金沢はなんとなく控えめなイメージだから、もしや地下にあるとか…?って。

        跡地はちゃんと高台にあったので、再建されることがあれば、

        きっとドヤ顔でそびえたつことでしょう。

         

        ■金沢海みらい図書館は冷房がパンチきいてた

        すてきできれいな図書館めぐりをなんとなくしてるので、

        気になっていた、金沢海みらい図書館にやってきてみた。

         

        金沢駅からバスで15分〜20分くらいでしょうかね。

        バスがかなり発達してて本当によくわからないのだけど、

        文明の利器スマホに頼り切って到着。

        バスは後からお金払うタイプね。って東京以外はその方が主流のよう。

         

        ここの図書館は、3階まで天井が吹き抜けになっていて、開放感たっぷり。

        壁のドット柄が全部ガラスになっていて、中も明るい。

        ただ冷房の設定温度がものすごいパンチきいた設定になっていて、

        極寒でした。

         

        ゆっくりと本を物色する時間もなかったので、雑誌でお茶を濁して再び金沢市内に。

         

        金沢旅

        金沢旅

        | 旅行・地域 | 01:29 | comments(0) | - |
        出オチ感の金箔ソフトでヒップホッパー気分 (名古屋→金沢 ソロバスの旅  計画〜1日目)
        0

          JUGEMテーマ:楽しい旅行★Happy Traveler

           

          ■計画の巻・だいたいいつでも見切り発射

          そうだ、世間が夏休みになる前に旅行に行こう。

          近場のアジアくらいに行きたくなったらいけるように、ひとまず3連休とっちゃえ。と見切り発射。

           

          台湾はご飯がおいしいから何回でも行きたいし、
          ベトナムでフォーもいいし、
          香港で飲茶もいいしなぁ

           

          それとも北海道で避暑がてらジンギスカンと
          牧場のソフトクリームかしらねぇ
          とか逡巡していたら、

           

          香港は民主化の抗議デモね。なるほどなるほど。

           

          北海道まさかの猛暑ね。ふむふむ。

           

          名古屋より大阪より暑いとかちょっと意味わかんない…。

          日本列島に避暑なんてもう存在しないのではなかろうか。

          こんなに縦長のお国なのに。

           

          旅行というと、気分転換とか、
          非日常を異様に求めてしまうがため、どうしても国外逃亡になりがちである。

           

          寒い時期には常夏に。
          暑い時期には涼しいところか、カラっとしたところへ。

           

          そして日本人とは顔が違うところを求め、
          景色も異国と一目でわかるところ。
          そして言葉が通じないところで(英語もままならんので日本以外はだいたい)
          買い物ひとつとっても、一手間も二手間もかかりながら
          過ごすのが私のリフレッシュ法。

           

          しかしいつも海外にばかり目がいきがちなのだけど、
          今回は、日本に目を向けてみようと思った。

          国内ってそんなにまわったことないな気づいたので、

          行きたい行きたいと長年思いながらも先送りにしていた金沢に決定。

           

           

          ■ソロ旅ならシェアホテル

          行くと決めたら
          あとは宿泊場所と、交通手段をどうするか決めるのだけど、
          なぜかぎりぎりまで探さない悪い癖(?)がありまして、
          2週間以上時間があったのに、
          結局宿もバスも2日前に予約。
          (名古屋からなら名鉄バスかJRバスがリーズナブル)

           

          ホテルを探すのは比較的好きな方なので、あーでもないこーでもないと迷いたい。
          今回はソロ旅なので、全く誰にも気兼ねせず、何もかも自分次第。

           

          初めはパーッと旅館とか泊まっちゃおうかなぁ
          とか考えていたのだけど、
          あんまりピンとこなくて、というより
          以前ソロで下呂温泉の旅館に泊まった時、
          あまりのカップルや家族率の高さに、
          ひとりご飯の寂しさが倍増で際立っちゃったのを思い出しまして、
          (何も考えずにクリスマスに強行したので当たり前なのだが)

           

          それを踏まえて、今回はおとなしくビジネスホテルにでもすっか。
          って思っていたところ、
          やたら目についたのが、ゲストハウスやシェアホテル。

           

          ビジネスホテルだと大体どんなところでも
          予想がつくというか、大差がないので、
          選ぶ基準は、立地と宿泊費のみ。

           

          ゲストハウスはまだ一回しか利用したことがないのだけど、
          ゲストハウスによって全く雰囲気が違ってどれも個性的。

           

          もちろん選ぶ基準として立地もあるけれど、
          この宿に泊まってみたいかもっていうのは、
          選んでる時からちょっとテンションが上がる。

           

          しかもだいたい一泊2千円前後。

          あと評価がどれもかなりの高得点のところが多い。
          アットホームだったり、きれいだったとか、
          従業員の方がいろいろ親切だったとか。

          ビジネスホテルやそれなりのホテルだと、
          重箱の隅をつつくようないちゃもんが多くてなんか混乱するし、
          旅行のワクワク感がそがれてしまうんだよなぁ。

          ということで、

           

          THE SHARE HOTELS HATCHi 金沢
          〒920-0911 石川県金沢市橋場町3-18  TEL 076-256-1100

          ここに決めました。


          ■金沢へ一泊ソロ旅
          あんまりいろいろ予定を詰め込むのも疲れるので、

           

          ・金沢21世紀美術館
          ・ランチに海鮮丼
          ・金沢海みらい図書館

           

          大まかにこの三大柱をコンプリート出来れば良しとすることにします。
          兼六園は行けたら行くくらいの感じで。

           

          バスは名古屋を午前発で、4時間くらい。

          金沢には昼前に着く予定だったので
          着いたらさっそく海鮮丼が食べられるように、入念にチェック。

           

          寝てたら手がヘナタトゥーみたくなっていたり。

          数時間たっても取れず、まったく形状記憶しなくなってる老化の不思議。

           

           

          そんなこんなで金沢駅到着。

           

          …がしかし、
          バスの冷房が思いのほか寒くて、着替えを首に巻いたりして
          何とかしのいでいたのですが、
          おなかを壊してしまい、到着時は全く生ものを食べられるコンディションではないどころか、
          冷たい飲み物も刺激となってしまうくらいセンシティブになってしまっていたので、
          あえなくランチはすっ飛ばすことに…。

           

          そのまま、今回一番の目的、金沢21世紀美術館へ。

           

          ■旅のハイライト金沢21世紀美術館

          しょっぱなから旅のハイライト。

           

          じゃん

           

          入館料¥390ってえらい良心的なんやな
          っと思ったら、なんと受付のお姉さんの口から耳を疑うようなセリフが…

           

          「本日は、(10日間ほど)展示品入れ替えのため、一部入場ができない箇所がございます。
          スイミング・プールも地下展示のほうは入場できません」

           

          え…まさかあのプールが地下から見られないだと…?

          しかも今日から。

           

          さっそくスイミング・プールの展示に直行。


          上からは普通に見ることがでるのですが、
          お姉さんの宣言通り地下には人が入れないため、
          ちょっと小粋なリゾートホテルに併設してるプールの写真みたいになりました。
          きれいなブルーね。

           

          ↓実際はこんな感じになっているらしい。(公式サイト)

          https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=30&d=7

           


           

           

          この日はものすごく暑くて少し歩けば汗が噴き出すほどだったのだけど、

          美術館の中は快適。

           

          美術館のきれいな厠を何度も何度も楽しんだのち、

          いよいよ出るものもなくなってしまったところで小腹がすいてきまして、

          これは完全復活か?と調子に乗って金箔ソフトを目指すことにします。

           

          ■ヒップホッパーもびっくりの金箔ソフト

          金沢にはいくつか店舗がある、箔一(はくいち)っていうところのソフトの金箔が

          ガチだと聞いてやってきました。


           

          はい、この完全な出オチ感。

           

          金箔一枚を惜しげもなくかぶせてます。

          ¥891(はくいち)

          中身は普通のバニラソフトで、写真の後ろ側は丸裸の貧ぼっちゃまスタイルです。

          かぶりつくと、前歯に金箔が張り付き、

          お手軽にヒップホッパーのおしゃれアイテム、グリル気分が味わえます。

           

          (ちなみに8月からギンザシックスでこの金箔ソフトが期間限定で食べられるらしい。

          しかも銀座価格の¥1,000)

           

          案の定、おなかの調子は万全ではなく、この後すぐにトイレへ直行。

           

          そして次に向かったのが…兼六園

          金沢旅◆

          金沢旅 

          | 旅行・地域 | 00:07 | comments(0) | - |
          | 1/1PAGES |